FAQ

BFRトレーニング


BFRトレーニングと他の血流制限トレーニングでは何が違うのですか?
世界中のエビデンスや、医療で用いられている手法を考慮し、安全性を高め、最適化したトレーニングメニューを組んでいます。複数の日本のトップトレーナーが作り上げたトレーニング法です。
BFRトレーニングベルトで血流制限を行う際に、軽い血流制限で最大限の効果が発揮できるようなプログラムを組んでいます。80mHG~150mHGでも十分に効果がでます。180mHG以上の圧で血流制限を行うと、ホルモンの分泌はかえって少なくなることがわかっています。 そのデータに基づいたトレーニング法を資格取得時に学んでいただきます。
さらに、筋肉を増やすためのトレーニングは、mTORとミオスタチンをコントロールするための圧とトレーニング法を学んでいただきます。
成長ホルモンは、BFRトレーニングを行うとたくさん分泌するの?
はい。私たちも血液検査を行い、成長ホルモンがBFRトレーニング後に上がるのを確認しています。ただし、何倍出たというのは、あまり好ましくないと考えています。採血の仕方、トレーニングの内容、体調により大きく結果が変わってしまうからです。成長ホルモンは、繊細で採血をするときの態勢(立位、仰臥位(ぎょうがい:あおむけに寝た状態))でも変わってしまうくらいです。