BFRトレーニングとは

必ずお読みください


BFRトレーニング協会では、様々なエビデンス(論文)をもとに、より安全で、より効果的に効果を得られるように、プログラムを組んでいます。正しい知識がない状態で、BFRトレーニングを行っても、効果を得られないだけでなく、危険性も高くなります。BFRトレーニングは、正しい知識を得た、BFRトレーナーのもとに指導を受けてください。

下記のような方は医師と相談の上ご使用ください

  • 血栓のできやすい人
  • 心臓に障害のある人
  • 悪性腫瘍のある人
  • 生理中の人(BFRトレーニングは、可能ですが期待する効果が得られない可能性があります)
  • 妊娠中の人(血栓予防)
  • 産後3か月の間(血栓予防)
  • 急性疾患・化膿性疾患のある人
  • 熱の高い人
  • 皮膚疾患のある人
  • 骨折・脱臼・肉離れ・骨粗鬆症の人
  • 安静を要する人
  • 高血圧の人など

トレーニング前の注意

風邪気味、睡眠不足、過度の疲労、薬を服用している、飲酒している、お腹が減りすぎている。
※このような人は、気分が悪くなりやすいのでトレーニングを控えてください。

トレーニング中の注意

動悸がする、めまいがする、息切れがする、手足がしびれる、目がチカチカする、声や音がだんだん遠く聞こえてきた、耳鳴りがする。

血栓を防ぐために、水分補給をこまめに行う。
※このような症状があらわれた場合、即座にトレーニングを中止してください 。

トレーニングに際して守ること

  • 食事は1~2時間前には済ませてください!
  • 衣服は厚手のものを使用しない!(適正圧に誤差がでます)
  • 素肌に巻かない!(皮膚を引っぱてしまい痛みが出ます)
  • BFRトレーニングを行う前に、かるくストレッチを行ってください。
  • こまめに水分を補給します!(血栓予防)
  • 腕10分、脚5分を目安に除圧(ベルトを外す)します!
  • 腕と脚、同時にベルトを巻かない!
  • 設定した圧より強く巻かない!
  • 週に2~3回のトレーニングを守ってください!
  • 他人にベルトを貸さないでください!(適正圧は年齢、性別、体重、運動経験、目的により違います)

Page Topへ